人気ブログランキング |

ミホのだいたい飲んだくれ日記
by kasugano09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
7/12 山崎蒸溜所でシングルモルト探求セミナー
サントリー、山崎蒸溜所でのセミナーに行ってきました。
めっちゃ暑い日でした。

e0119880_1342610.jpge0119880_13551825.jpg

初めて降りました、阪急大山崎の駅。
遠い~、と思ってたけどそうでもなくて神戸からでも1時間ほどでした。
汗だーらだら流して(と言っても10分くらいかなあ)到着。

e0119880_13592625.jpge0119880_1401172.jpg

中にはいるとウイスキー原酒が並んだライブラリー。
テイスティングカウンターもあったけど見学が終わる頃にはしまっているということで
今回は利用できませんでした、残念!
e0119880_1461277.jpg

創業者の方の銅像にご挨拶して見学開始。

e0119880_1491282.jpge0119880_1493617.jpg

仕込み釜に蒸溜のポットスチル。
仕込み室ではかなりきついんやけど、酒粕のような独特の発酵臭が漂ってきていい気持ちに。
e0119880_14105573.jpg

そして、ここから蒸溜したての原酒(ニューポットって呼ぶそう)がちっちゃな滝のように
湧いております。
しかしこの部屋、1200度でもろみを熱しているだけあって暑い暑い、屋外のほうが
涼しいくらい。
でもこの日はこの夏最後の仕込み日やって言ってはったのでラッキーやったんかな?
真夏の期間は暑すぎて発酵がうまくいかないためお休みなんだそうです。
e0119880_14202460.jpg

貯蔵庫はひんやり静かで圧巻の眺めでした。
これからゆっくりと美味しくなるんやなー。
見学用に見本の樽が置いてありました。
e0119880_14235666.jpg

右が4年、左が12年経過後。
こうやってどんどん樽の個性も吸収して味わいが深くなっていくだけに
「樽も原材料のひとつ」の言葉になるほどなあ、って。
e0119880_14331140.jpg

貯蔵庫を出ると山崎の水が、ほんまきれい。
この水で作られてるんやねえ。

と、ひととおり見学を終えて次はセミナーです。

e0119880_14415894.jpge0119880_1442368.jpg

この日は『風土が生み出すモルトの味わい講座』ということで
山崎12年、白州12年、マッカラン12年、ボウモア12年、とひとつひとつ特徴を聞きながら
テイスティング。
普段こんな飲み方しないだけあって新鮮に感じますね。
そして、フードとのマリアージュ。
ウイスキー飲むときって、ほとんどなにも食べないのでいままであんまり考えたことが
なかったわ。
甘いものはありやと思ってたんやけど、最中のあんこがとってもあうので驚き。
ボウモアの強烈なピートと潮の香りには牡蠣があうって、当然のようにさらっと
言ってはったけどそれもけっこう驚き。
機会があればためしてみたいもんです。
最後は山崎の天然水で作ったソーダを使ってハイボール。
e0119880_15102381.jpg

ウイスキーて、たぶん20代半ばの頃にいちばんよく飲んでたんだけど、お酒にだんだん弱くなってきたのでこのところは避け気味。
でも久々に美味しいなあ、って実感できたのでまたちょっと飲もうかなー。

そして、今回お声かけていただいたレッドさん、ありがとうございました!
とーっても楽しかったです♪
サントリーの方々には直前に参加表明してお手数かけました、すみません。
ご一緒したみなさま、あまり交流できませんでしたが、またの機会があれば
どうぞよろしくお願いいたします!


【 サントリー 山崎蒸溜所 】
大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
075-962-1423
by kasugano09 | 2008-07-18 15:37 | その他
<< 「 カフェ コンテ 」でお昼ご飯 7/5 七夕☆トゥナイト! >>